中古医療機器の後悔しない選び方

昨今、中古医療機器がクリニック、病院に多数流通されるようになってきました。
そこでエム・キャストより中古医療機器の『後悔しない購入方法』をご提案いたします。

安いからと言って安易に選ばれますと、後で高くつく場合がございます。
そのような失敗をされないためにも、下記のようなことをご参考にご検討ください。

後悔の原因と対策

後悔1 買ったら故障していた(すぐ故障した)
後悔2 標準付属品が欠品していた
原因 「メーカーによる設備点検」を行っていない為、こうなる場合があります。
 
対策

「メーカーによる整備点検」を行っている商品かご確認ください。

設備点検
1台ごとにコンディションが異なる機器を、お客様自身が判断するのは難しいものです。
エム・キャストでは納入前に「メーカーによる整備点検」を実施しています。
専門サービスマンによる総合チェックを行ない、劣化しているパーツ等があれば交換し、
欠品パーツがあれば補充します。作業完了後「点検報告書」を添付して、お客様にお届けします。
※非医療器、メーカー指示により点検が不要なものは除きます。
 

 

後悔3 故障時にメーカー保守サービスが受けられない
後悔4 消耗品・オプション品等の購入ができない
原因 販売業者が正規手続きを行っていないと、こうなる場合があります。(下記参照)
対策

医薬品医療機器等法に則った正規販売ルートで販売される商品かご確認ください。

正規販売ルート
エム・キャストでは、販売前にメーカーに「販売通知書」を送付し、
それに対するメーカーからの指示を遵守しています。
この手続きを行なうことによって、メーカーに「ユーザー登録」がなされ、
メーカー保守サービスを受けることが可能です。
 

 

後悔5 注文後、整備点検費用を請求された
原因 設備点検費用を含む販売金額を明記していない業者から購入すると、こうなる場合があります。
対策

整備点検費用を含む販売金額かご確認ください。

設備点検費用
弊社では「メーカー確認による整備点検費用」を販売金額内に含めて
提示させてありますので、ご検討後にプラス請求されることはございません。
※地域によって運送費が異なりますので、送料のみ別途申し受けます。

 


中古医療機器 正規流通ルート

-
正規流通ルート
※メーカーにより一部流通形態が異なる場合がございます。
※非医療器、メーカーの指示が弊社点検で問題ないものは除きます。
医薬品医療機器等法 中古医療機器の販売等に関する法令
中古医療機器を販売等するときは、製造販売業者にあらかじめ通知し、中古医療機器の品質の確保その他当該医療機器の販売等に係る注意事項について、製造販売業者から指示を受けた場合は、それを遵守しなければならない。
※薬事法等の一部を改正する法律(平成25年法律第84号)等が平成26年11月25日から施行されることになり、「薬事法」の名称が「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」(略称:医薬品医療機器等法)に変更となる。
※国通知(平成21年9月4日薬食機発第0904第1号、平成26年8月6日薬食発第0806第3号)及び平成26年度医薬品医療機器等法施行規則第170条・178条・191条第6項・192条)による。
000

エム・キャストと同業他社との違い

表示価格について

エム・キャスト: 表示金額以外の費用はいただきません。 ※送料、オプション品等を除く 他社: 注文後、別途メーカー点検費用を請求されることがあります。最初は安いと思ったのに…。

メーカー整備点検について

エム・キャスト: 全商品メーカーによる設備点検を実施します。 ※非医療器、メーカーの指示が弊社点検で問題ないものは除きます。 他社: 清掃のみで販売する場合があります。

ユーザー登録

エム・キャスト: 販売前にメーカーに通知書の提出を行います。その際に新ユーザー様情報がメーカー登録されます。 他社: 通知書の提出またはメーカー点検を行っていないと、メーカーにユーザー登録されません。

アフターサービスについて

エム・キャスト: 上記でユーザー登録、メーカー点検を行いますため、ご購入後は最寄りの代理店/メーカー営業所/弊社のいずれかを窓口としてアフターサービスを受けられます。 他社: 上記のような正規手続きを行っていない場合には、アフターサービスを受けられない場合があります。